Ashtanga yoga

〜 アシュタンガヨガとは? 〜

〜 What is Ashtanga Yoga? 〜

「アシュタンガヨガ」は、南インドの都市・マイソールで古典ヨガなどを基に体系化されました。

現在では創始者であるパタビジョイス師の血縁者、シャラート・ジョイス氏・サラスワティ氏。

そして、彼らの世界中の生徒達によって指導・継承されています。


「アシュタンガ」はサンスクリット語で「ヨガの8つの支則 (ステップ)」を意味し『 非暴力・正直・足ることを知る 』といった思考や行いにまつわる教え。

 

そして心身を安定した状態へ導くとされる 『アサナ (ポーズ) ・プラナヤマ (呼吸法) 』を日々の習慣として取り入れることを練習生へ推奨しています。

 

ポーズ・呼吸法の目的は身体の柔軟性ではなく、内臓・神経の働きを活性化することにあり、定期的かつ長年の経験を通じることで、精神面においても集中力・堅忍性・活力を培います。

〜 Asana Practice 〜

シャラ( 練習場・スタジオ )で行われる日々のポーズと呼吸法の練習は、
個々の練習の安定に合わせた指導者のガイド・サポートとともに進みます。

■プライマリーシリーズ ( 初級 ・ヨーガ療法 )

■インターミディエイトシリーズ ( 中級 ・神経浄化 )

■アドバンスA〜Dシリーズ  ( 上級 ・スティラバガ )

いずれの段階においても目的とされるべきことは、正直さと安定を備えた心身の発見と開拓。

そして、感情・思考・身体の関係性について洞察力を高めることです。

アシュタンガヨガのアサナ(ポーズ)の練習では、形の複雑さ・完成度以上に 
[ 呼吸・バンダ(丹田などの感覚)・視線 ] が相互に支えあい、心身に集中と安定がもたらされているかどうかが非常に重要視されます。

この3つの要素が安定し[ トリスターナ:三位一体 ] の状態にあることが、アサナの発展と同時に精神への適切な変化をもたらすとされます。​

 
 

〜 LED class  &   MYSORE class 〜

アシュタンガヨガではアサナ(ポーズ)の流れが定められており、基本的にその順番が前後することはありません。

この構成には意図があり、段階を追った練習は非常に重要です。

生徒は一連のポーズの流れを「レッドクラス」「マイソールクラス」の二種類の練習法を通じて学習します。
 

LED class

「レッドクラス」
 

 [ アサナ+呼吸+視線 ]の流れやペースを指導者によるカウント(レッド=導き)に合わせ習得するもので、

参加者全員が同じペースで進行するスタイルのクラスです。

生徒は、レッドクラスで余計・もしくは足りない呼吸や動作を再確認し、マイソールクラスでの練習へ還元していきます。

MYSORE class
「マイソールクラス」

 

アシュタンガヨガの主軸となる伝統的な自主練習方法

生徒は自分自身の呼吸をリードとしながら、順番を記憶・ポーズが安定しつつあるパートまでの練習を各自に行います。


練習時間は [ 初心者45分以下〜経験者120分 ]と様々で

段階や必要に応じて指導者よりサポート・新しいポーズのガイドが与えられます。

自主練習という独立した環境を通じることで、生徒は意識を余計な思考・視覚・聴覚情報から引き離し、内観性と集中力を養っていきます。

トゥリでのこの「マイソールクラス」が主体になるようクラススケジュールが構成されています。

この2つに「どちらの方法のが良い・悪い」ということはありませんが、

前者のレッドクラスのみでアシュタンガヨガの初級シリーズの全て・実力を大きく超えるポーズを行うことは推奨しません。
マイソールクラス(自主練習)を通じて養われる集中力と慎重さは、アシュタンガヨガの長期的・安全な練習継続と成長のために必要不可欠な要素です。


マイソールクラスを始めたばかりのときは、順番を忘れてしまったり、なにが正解か不安になることも多くありますが焦らず先を急がずに。 

それらのことも失敗ではなく経験として受け取ること。

​そして、自分自身への温かな目線とともに、長期的に取り組むべき事柄であることを必ず忘れないでください。

Our teaching is based as thought by Guru Sharath Jois.
........With the expression of respect to him and  lineage..........

 

トゥリは師と系譜への敬意とともに

インドマイソールの手法に準じた指導を行っています

Sharath Yoga Centre Website  (旧 KPJAYI)