top of page

What's Ashtanga yoga
〜 アシュタンガヨガとは? 〜

" 自立のためのヨガ "

シュタンガヨガは、古典インド哲学・ヨガ哲学・無数に存在していたアーサナ(ヨガポーズ) の統合により生まれました。
  
このヨガでは、あらかじめアーサナ(ポーズ)の順番が [ 基礎⇒応用発展 ] と定められていること。
​そしてその順番のなかで、
生徒各自の身体・経験に適したところまでのパートを記憶し自発的に自主練習を行う [ マイソールスタイル ] と呼ばれる練習法が最大の特徴です。

徒は自主練習という独立した環境でヨガ行うことで、講師へ依存し過ぎずに [ 呼吸・身体の感覚・思考 ] へより繊細に意識を向ける習慣を身につけていきます

この「自立型」の練習法で得られる観察力や自己理解は、人生にとって重要なスキル・貴重な財産になるでしょう。

ガに取り組み始めるにあたり柔軟性・運動の経験・年齢(性別)などを憂慮する方もいらっしゃいますが、初心者の方はまず15〜30分程度の短い練習からスタートし、その後は個々の体力などに合わせゆっくり進行していきます。​

シークエンスシートJPEG.png

" Foundation : 基礎 "

【 Ashtanga : ヨガの八支則 】

ヨガで推奨される8つの実践・習慣・段階などまとめたヨガ指南書。

スタジオでは哲学部門の座学クラスも開催しています。

【 Mysore Style : 自主練法 マイソールスタイル

あらかじめ決められているアーサナの順番を講師から少しづつ習い記憶し最終的に自主練習を行います。

個々の段階や必要に応じて、講師からのポーズ補助(アジャストメント)やステップアップのためのアドバイスがあります。

【 Vinyasa System : ヴィンヤサシステム 】

アシュタンガヨガのアーサナ練習では柔軟性ではなく[ 呼吸とアーサナの連動性(ヴィンヤサ) ] が重要視されます。

呼吸を伴う練習により、心身に安全な形で [ 安定・バランス・強さ・しなやかさ ] がもたらされます。

【 Challenge Asana : チャレンジアーサナ 】

アシュタンガヨガのアーサナには意図的に [ チャレンジアーサナ : 複雑なポーズ ] が組み込まれています。

これらのすべては基礎パートの発展形であり、生徒は基礎パートの読み直し(繰り返し)によって解読を進めます。

すべての流れが準備となるため、アーサナで苦手なものを避けたり好きなものだけを選り好まず順番に沿って練習を進める必要があります。

この過程で生徒自身が気づき・考え・工夫する機会を妨げないよう、講師は指導を控える場合があります。

​【 Guru Paranpara : 師伝継承 】

ヨーガに限らず人との関係性は相互の心身に​大きな響を与えます。

互いの健全な成長と安全のため、教師生徒間では最大限の尊重と信頼のもと練習が進められます。

Our teaching is based as thought by Guru Sharath Jois.
........With the expression of respect to him and  lineage..........

 
トゥリ系譜への敬意とともに
インドマイソールの手法に準じた指導を行っています

Sharath Yoga Centre Website  (旧 KPJAYI)

bottom of page