グルジの軌跡⑥[KPJAYI HPより]

→グルジの軌跡⑥[ 一族への継承とその経過 ] →グルジの軌跡⑤ [ティーチング] →グルジの軌跡④[ ファミリー] →グルジの軌跡③[ ザ・マハラジャ] →グルジの軌跡②[ マイソール ] →グルジの軌跡①[ 幼少期 ] [ 一族への継承とその経過 ] 2007年。 グルジは重い病を患うも、わずかにヨガの指導を行える程度に回復しました。 その後、翌年末までの70年間の絶え間ない指導ののち、 ヨガ研究所を彼の娘であるサラスワティと孫のシャラースの手に託し、グルジは日々のクラスから徐々に引退したのでした。 2009年5月18日。 93歳の時、グルジはマイソールの自宅で亡くなりました。 彼の死、存在の喪失は世界のヨガコミュニティにとって悲痛なものでした。 グルジの生涯は、一貫性と誠実さのもとに生徒達と献身的に関わること、そして生涯において家族を持つヨギとしての行いを実現することへの努力そのものであり、 それは彼の中に生き続けたクリシュナマチャリヤから学んだ実践に対する、絶えることのない信念と熱意によるものでした。 彼の日々のヨガの指導に対する献身によって、その功績は後生へ脈々と生き続けてゆくことでしょう。 →グルジの軌跡⑥[ 一族への継承とその経過 ] →グルジの軌跡⑤ [ティーチング] →グルジの軌跡④[ ファミリー] →グルジの軌跡③[ ザ・マハラジャ] →グルジの軌跡②[ マイソール ] →グルジの軌跡①[ 幼少期 ] /////////////////////////////////////////////////////////// 原文引用元