• Nika

コロナウイルスへの対処について

最終更新: 3月29日


《 3月28日(土) UP!! 》

■ 3月29日(日) 講師変更 【 SHINO➡NIKA 】 ■ 3月30日(月)〜4月6日(月) 臨時休講 こんにちは! トゥリ講師のNikaです。 明日までクラス開講のうえ、コロナウイルス感染拡大への配慮から【 来週月曜〜再来週月曜の8日間を臨時休講 】とさせていただきます。 すでに、練習生で喘息等のある方・複数箇所に出入りの可能性のある方などから有志で参加自粛のご連絡をいただいているなか「シャラ全体で取り組もう」と判断しました。 参加者・アシスタント・講師だけでなく、そのご家族・職場などで関わる方のためにも。 水際とならないよう、経過観察段階から一時休講とさせていただきます。


チケットは現状、全員7日間の期限延長となります。 今後、状況に応じて再開・休講延長等のご案内をさしあげます。

ホームページをご覧にならない方も、Instagram等フォローのうえご確認いただければ幸いです。 【SNS】 Instagram / @ashtangayoga_tri_kagoshima Facebook / Ashtangayoga tri kagoshima ======================= 【宅練のススメ】 自宅では練習を後回しにしてしまう気持ち。とても良くわかります。 でも、もしご自宅で練習をした経験のない方は、この休講期間に自分のルーティーン(ペース)を守って練習をしてみてください。 シャラはヨガのために整えられた環境。

まさになにもない「空っぽの間」が、人が「物」ではなく「自分」に集中できるよう維持されていますが、

家で練習をすると、貴方が日常で整理するべき課題を見ることができます。

片付けるべきものや、なにかを思い浮かばせるようなものが目に留まったとき。 大切なものであれば、日々大切な場所へ収めましょう。

必要ないものであれば、手放すことを思案しまみましょう。

「足す」ことが無意識の習慣になっている人にとって、

家は外からは見えないその足し算の「パターン」の集約です。 シャラでの練習で一時的な快適さを得ても、帰る場所に染み付いたパターンは貴方をまた元の状態に引き寄せる大きな力を持っています。 シャラで感じる心地よさとは、一体どこからやってくるのでしょうか? それをシャラだけでなく自分の暮らしの一部にするということは、一体どのようなことでしょうか。


「何を選び、行動するか」


シャラや講師はいつもその準備のためのサポート役であり、

それを決めるのは最後「自分自身」です。 「なぜシャラでは集中できて、自宅では集中できないのか?」


休講中の宿題です! 動画や本を開かなくても。

マットの上に立ったときに自分がなにをするべきかを知っていることは、

素晴らしい財産です^^

Thank you!

Nika

236回の閲覧