グルジの軌跡④ [KPJAYI HPより]

2017/01/24

→グルジの軌跡⑥[ 一族への継承とその経過 ] 

 

→グルジの軌跡⑤ [ティーチング] 

 

→グルジの軌跡④[ ファミリー]


→グルジの軌跡③[ ザ・マハラジャ] 

 

→グルジの軌跡②[ マイソール ] 

 

→グルジの軌跡①[ 幼少期 ] 

 


[  ファミリー ]

 

グルジがクリシュナマチャリヤから学んでいる間。
 

若く強い意思を持つ少女が、サンスクリット語の教授である父親と共に、大学での彼のヨガデモンストレーションを訪れ始めます。


そのとき僅か14歳であった少女サヴィトランマは、ある日のデモが終わったあとに父親へこう告げました。

 

‘’わたし、彼と結婚したいわ’’と。

 

彼女の意思を快く受け入れた父親は、当時18歳であったグルジに近づき、彼を大学から20kmほど離れたナンジャングドの村にある自宅へと招きました。

 

グルジはその招待を、誠意をもって承諾したのでした。

 

グルジの父が二人の占星術での相性が不適応であったにも関わらずそうしたように、サヴィトランマの父も、この若きヨギについて.......彼のブラフミンとしての生き方・家族の背景などについて学んだのち、二人の結婚に同意したのでした。

 

「好相性であろうとなかろうと、私は彼と結婚したい」と宣言したサヴィトランマは、後に周囲に愛情を込め [ アンマ =母 ]の敬称で知られるようになります。

彼らはその年(1933年) 6月の満月の4日後。
アンマの誕生日に、相互の深い愛情のもと結婚しました。

婚礼ののちアンマは彼女の家族の元へ、そしてグルジは彼の大学の寮へ戻ります。
それからの3~4年間、彼らはお互いに会うことはなく、アンマがマイソールで夫と一緒に生活を始めたのは1940年のことでした。

彼らはマンジュ、サラスワティ、ラメッシュ、3人の子どもをもうけ、それぞれが立派なヨガ教師になりました。
アンマはグルジの最初のヨガの学生でもあり、クリシュナマチャリヤより教授免許も与えられました。

 

西洋人・インド人問わずグルジの生徒達へも母親のように接していたアンマの存在は、グルジの存在と同様に生徒たちにとって大切なものでした。

彼女は優しく、そして愛情深く、いつもコーヒーと励ましの言葉を用意して生徒達を招き入れました。

 

そのため、サンスクリット語にも精通していたアンマが、間違いを訂正したり、忘れてしまった一節などを思い出させるために度々グルジの側に付き添っていたことは、生徒たちを大いに喜ばせたのでした。

 

アンマは1997年に急逝し、

彼女の家族、そして家族同様であった生徒達はその死に打ちひしがれたのでした。
 

 

→グルジの軌跡⑥[ 一族への継承とその経過 ] 

 

→グルジの軌跡⑤ [ティーチング] 

 

→グルジの軌跡④[ ファミリー]


→グルジの軌跡③[ ザ・マハラジャ] 

 

→グルジの軌跡②[ マイソール ] 

 

→グルジの軌跡①[ 幼少期 ] 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

原文・画像引用元 /   http://kpjayi.org

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

④Family

 

While Guruji was studying with Krishnamacharya, 

a young and strong-willed girl began to attend his yoga demonstrations at the Sanskrit University, accompanied by her father, a Sanskrit scholar. One day, after one of the demonstrations, Savitramma, who was only fourteen at the time, announced to her father, “I want that man in marriage.” Agreeably, her father approached the 18-year-old Guruji and invited him to their home in the village of Nanjangud, twenty kilometers away. Guruji respectably accepted.

 

After learning more about the young yogi and his Brahmin and family background, Savitramma’s father agreed to the union, as did Guruji’s father despite the couple’s horoscope report of unsuitability.

 “Suitable or not, I want to marry him,” declared Savitramma, who later came to be affectionately known as Amma [mother]. They were married that year in a love match on the fourth day after the full moon of June 1933, Amma’s birthday.

 

After the wedding, Amma returned to her family and Guruji to his room at the University. They didn’t see each other for three to four years, until 1940, when Amma joined her husband in Mysore to begin their life together. 

 

They had three children – Manju, Saraswathi and Ramesh – each who became great yoga teachers themselves. Amma was Guruji’s first yoga student, and was also given a teaching certificate by Krishnamacharya. Amma was like a mother to Guruji’s students, both Western and Indian; her presence cherished as much as his. 

 

She was kind and loving, always ready with an invite for coffee or an encouraging word. 

Because she was also well-versed in Sanskrit, she was often nearby to correct Guruji’s mistakes or remind him of a forgotten Sanskrit verse – much to the amusement of all present. 

 

She passed away suddenly in 1997. 

Her loss was devastating to the entire family, as well as to the family of yoga students. 

Please reload

2019年10月末〜11月に予定されていた

メイン講師(Nika)の渡印がキャンセルとなりました。

11月は一部日程を除き基本的には [ 通常開講 ] となります。

現在、ビギナーズコースの開催を予定していますが

詳細は追ってお知らせいたします。

-------------------------------...

11月末の講師渡印がキャンセルとなりました

September 14, 2019

1/1
Please reload

Category

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload